忍者ブログ
CHIKA J SHISHIDO OFFICIAL WEBSITE
10 / 17 Tue 09:30 ×
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

09 / 19 Fri 07:09 #宍戸慈 ×


ひと粒で、対話師のマイさんに出会った。前にみた映画「神様とのやくそく」にも出て来ていた赤ちゃんに話がわかるという対話師。半信半疑ならが、会ってみたいなと思っていたら、ひょんなことから出逢えたのだった。ひと粒のしおりさんから話は聞いていたのだけれど、やっぱり独特のオーラを持った人だった。出会った瞬間からずーっとまいさんを凝視のコマさん。「なぁに?何を聞いてほしいの?」というマイさんを、じーっとまん丸おめめでまっすぐしばらく見つめ続けていた。

ピラティスのレッスンが終わって夜、コマさんが寝てからみんなでひと粒で酒盛り。
ちょうどアクセサリーの展示に東京から来ているヨシさんも一緒で、bakuの夢ちゃんの作る、ご馳走が次から次へとテーブルに並んでいた。中でも夢ちゃんママの作った梅ジャムがお気に入りの私。みんなで食べるご飯はやっぱり楽しい。コマさんは2階でぐっすり。こんな時間本当に久々だった。

そんな時マイさんがぽつりぽつりと話し出した。
「そうそう、コマちゃんね『こうじゃなきゃいけない、こうでなくちゃとか、そういうじゃないって言ってたよ。ママが思ってるママの姿は、本当のママじゃないって。ママの周りにいる人たちは、そのままのママを出していい人たちだよ。』って言ってたよ。可能性も広がるって」
もっと複雑なことを言っていた気がするのだけれど、最近ずっと自分のあり方?みたいなものを考えてぐるぐるしていた私にとってはあまりに直球すぎる言葉で、一瞬にして固まってしまった。サワサワサワーっと、背筋から鳥肌が…、誰にも言っていなかったそんな話。何でそんなことを知ってるの?!コマさん?マイさん?びっくりし過ぎて、言っていた言葉も感覚でしか覚えていない。

「ちかちゃんは、本当は赤ちゃんみたいな人なんだね。」ギャル系アイドルのような高めのかわいい声でマイさんは続ける。「すごく柔らかくて意識より感覚のヒト。それなのに、色々いろいろ背負っちゃって、意識で一生懸命強くなろうとしてきたでしょ。それをやめたら?ってことなんだと思うよ。コマちゃんには窮屈に見えたみたい。そういうタイミングなのかもね。」さらりと言う。

少しテンパリ気味「こわいこわいこわいこわい!」という私に
「マイさんね、こわいこといっぱい言うから、本当にびっくりするよ。」夢ちゃん。
こんな人っているんだね。やーびっくりした。

マイさん曰く、赤ちゃんは、お父さんとお母さんにひとつずつ教えることを持ってくるのだそうな。
そうだよね。赤ちゃんは話せない分たくさんのことを感じているし、わかっている。
きっと私なんかより何でも見えてるんだと思う。
何でも知ってるんだよね。
そう思ったら、とてもとてもありがたく、このところずっと胸の中でモヤモヤしていたことがすっと腑に落ちたというかなくなったというか、とても楽になった。

宴もたけなわで、おひらき。
上へあがってコマさんと同じ布団に入った私。
スヤスヤ寝ている彼女を抱き寄せて、そっとおでこにキス。
ありがとう、ありがとう。
ママ、もっと素直に心のままに生きてみるね。
PR
NAME
TITLE
MAIL
URL
VOICE
EMOJI / FONT COLOR
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
"宍戸慈"Copyright (C) CHIKA J SHISHIDO All Rights Reserved.